痛みやしびれ、肩こり腰痛なら 北区滝野川 荒川区西尾久にあるもみじ整骨院 交通事故 健康保険取り扱いしております

腰痛に効く体操 マッケーンジー体操

マッケンジー体操とはニュージーランドの理学療法士であるロビンA.マッケンジー氏が考案したエクササイズです。

その昔、腰痛症の人は「反ること」が禁忌でした。「反ること」によって腰痛が悪化するとまだ考えられていました。

ある日、若いころのマッケンジーさんが働いていたところで、とても混雑していたため患者さんにベッドでうつぶせになって待ってもらうように伝えました。
マッケンジーさんが戻ってきたところそこのベッドが起き上がった状態だったため、なんと患者さんはずっと「反った状態」で待たされていました。

マッケンジーさんはとんでもないことをしてしまったと思いましたがその患者さんが
「今までで一番調子がいいよ!」というのです。
マッケンジーさんもそんなことはないと最初は思いましたが患者さんの調子がよくなっているのは間違いありません。
次の日も患者さんに同じことを試してみたらやはり調子がいいということがありました。

この偶然の出来事をきっかけにして腰痛の人が背中を反らすのはタブーという常識を覆すマッケンジー体操が誕生しました。

それではマッケンジー体操のやり方です。

*マッケンジー体操は約70%の人に効くと言われています。 体操後に痛みが強くなる場合などは無理して続けるのではなくやり方が間違っているか合わない可能性があります、その時はご相談してみてください。

うつぶせ寝体操

「うつぶせ寝体操」どんなに腰が痛くてもできる体操です。

ポイントは深呼吸をしながら、全身の力を完全に抜くことです。特にふくらはぎから腰までの筋肉に力が入らないようにリラックスしてください。

一日に6~8回を目安に、2時間おきにしてみてください

顔は横向きで腰からふくらはぎまでの筋肉をリラックスさせてください
症状が改善してきたら「ひじ立て体操」へと移行します

ひじ立て体操

基本は「うつぶせ寝体操」とおなじです。

深呼吸をしながら、全身の力を完全に抜いてリラックスしてください。特にふくらはぎから腰までの筋肉に力が入らないようにダラーンとしてください。

一日に6~8回を目安に、2時間おきに行います。

上体反らし体操

基本は「うつぶせ寝体操」とおなじです。

深呼吸をしながら、全身の力を完全に抜いてリラックスしてください。特にふくらはぎから腰までの筋肉に力が入らないようにダラーンとしてください。

一日に6~8回を目安に、2時間おきに行います。

① まず、うつぶせに寝ます

② 両手を肩の下につきます

③ ゆっくりと上体を起こします

④ 両腕を伸ばして腰を反らせます

この姿勢を2秒くらい保ったら。ゆっくりと①の姿勢に戻します。
これを10回繰り返してください。

お問合せはこちらから!

お電話でのお問合せはこちら

03-3917-8310

受付時間:9:00~19:00(土日祝を除く)

   交通事故
   自賠責保険取り扱い

交通事故の施術、ご相談をご希望の方まず、最初にこちらにお電話ください!

03-3917-8310

詳細はこちら

もみじ整骨院グループのブログです!

身体、健康、日常のことなど
役立つ情報を更新しています! よろしければご覧ください!

こちらを押してください